【チェンマイ】旧市街近くの激安宿「ドリームタイゲストハウス」がおすすめ【場所/料金/予約方法】

NO IMAGE

こんにちは!チェンマイ滞在中のフリーライター、とっしーです。

「とにかくお金を節約して旅がしたい…。」
「1ヶ月泊まっても10000円以内で済むゲストハウスってないかなぁ…。」

チェンマイ旅行者にはこのような悩みを持つ人もいるかと思います。

そこで今回は、ぼくがチェンマイで滞在したゲストハウスの中でも、驚きの安さを誇る「ドリームタイゲストハウス」をご紹介。

具体的には、

  • ゲストハウスの基礎情報
  • ゲストハウスの雰囲気
  • ゲストハウスまでの行き方
  • 室内の設備
 の順番にお伝えします。
3分で読める「ドリームタイゲストハウス」の情報をまとめていますので、チェンマイで激安宿を探している方はぜひご一読を!

 

ドリームタイゲストハウスの基礎情報

宿泊タイプ

男女混合ドミ:¥300~
女性専用ドミ:¥430~
ワンベッドルームスイート:¥2,900~
ファミリースイート:¥3,800~
トリプルルーム:¥1,750~
※シーズンによって落差あり

個人的な満足度 ★★★★★
清潔度 ★★★☆☆
Wi-Fiの速さ ★★★★☆
対応の丁寧さ ★★★★★
立地の良さ ★★★☆☆

「ドリームタイゲストハウス」のドミタイプはローシーズンなら1泊300円ほどで滞在可能です。ハイシーズンでも1泊500円かからないお値段設定となっています。部屋タイプは他にもありますが、個人的にはドミタイプが「ドリームタイゲストハウス」の看板ではないかと思います。

個人的な満足度は、300円という料金設定を考えると、めちゃくちゃ高いですね。中国人のオーナーが経営しているゲストハウスですが、ホスピタリティも高く、チェンマイの色々な情報を教えてもらいました。

Wi-Fiも遅くなく、普通にインターネットが使えて快適です。

清潔度は料金相応という感じでしたが、汚くはなく及第点という感じでした。

ドリームタイゲストハウスの雰囲気

f:id:Htoshiya:20180917083745j:plain

こちらが「ドリームタイゲストハウス」の外観です。このエリアはいくつもゲストハウスが並んでいるため、ぼくも最初は見過ごしてしまいました。

赤い看板に「Dream Thai Guest House」と書いているのが目印です。

f:id:Htoshiya:20180917084609j:plain

「ドリームタイゲストハウス」のエントランスでは靴を脱ぐ決まりになっています。また、ゲストハウス内では禁煙となっていますが、外には灰皿の置かれた喫煙所も用意されているようです。

f:id:Htoshiya:20180917084652j:plain

先ほどのテーブルには朝ごはんのメニューが載っています。15〜30バーツというかなり激安なお値段設定なので、食べたい方はスタッフの方に注文してみてください。

f:id:Htoshiya:20180917084530j:plain

チェックインカウンター近くの壁には、チェンマイのツアー紹介を紙で書いていたり、タイの地図が貼られています。

f:id:Htoshiya:20180917083821j:plain

こちらがチェックインカウンターになります。パスポートを見せて、いざチェックイン!部屋とロッカーの鍵をもらえますが、デポジットとして滞在費以外に100バーツを預けることになります。

ぼくはそのとき、100バーツを持ち合わせておらず、20バーツ×2枚と1000バーツ×1枚しか持っていませんでした。するとスタッフが気を利かせてくれ、デポジットは40バーツで大丈夫とのことでした。

f:id:Htoshiya:20180917083852j:plain

チェックインカウンターの横にあるのは無料で飲める水とタイティーが置かれています。飲み終わったら近くにあるキッチンでコップを洗って返しましょう。(キッチンの写真は撮り忘れてしまいました…。)

f:id:Htoshiya:20180917084018j:plain

部屋に行く手段は階段しかございませんので、足の悪い人にはおすすめしません。

f:id:Htoshiya:20180917084045j:plain

廊下の壁にはこのような模様が装飾されています。中国でも四葉のクローバーは幸せの象徴なのですね。

f:id:Htoshiya:20180917083951j:plain

こちらがぼくが滞在した男女混合のドミトリータイプの部屋になります。最初は一番手前のシングルベッドがぼくの位置だったのですが、オーナーが「エアコンに直接当たって寒いかもしれない」という理由で、奥のベッドに変えてくれました。

f:id:Htoshiya:20180917084457j:plain

こちらが共用で使うトイレ兼シャワールームです。各階に2箇所ずつ用意されており、1つはトイレのみ使用可能なタイプになります。

全てのゲストハウスに言えることですが、シャワーの水圧は全く期待でいないので、悪しからず。

 

ドリームタイゲストハウスまでの行き方

「ドリームタイゲストハウス」はチェンマイのチャーン・プアック地区にあり、旧市街の北門であるチャン・プアック門から200mの場所に位置しています。

チェンマイの主要な繁華街であるニマンヘミン通りやターペー門周辺には少し距離があり、歩いて行くには遠いでしょう。しかし、どちらもソンテウ(乗合タクシー)で20バーツほどでいける距離なので、むしろ便利かもしれません。

また、「ドリームタイゲストハウス」の周辺には、外国人バックパッカー用のゲストハウスが乱立しています。日本人で利用する方も少なくないので、そこでの情報交換なども可能かと。

ドリームタイゲストハウスの設備

ゲストハウスのアメニティ なし
必要だと思うもの シャンプー&コンディショナー
ボディソープ
ヘアドライヤー
バスタオル
ハンガーなど

「ドリームタイゲストハウス」にはアメニティグッズは全くありません。(ぼくはむしろ潔くて好きですけどね。)

シャワーを浴びるときに使うものは、全て持参しなければならないことは覚悟しておいてください。ランドリーサービス(有料)が使えるそうなので、洗濯物が溜まったときはスタッフに伝えて、やってもらいましょう。

補足:バイクのレンタルもやってくれます

f:id:Htoshiya:20180917084157j:plain

別の記事にも書きましたが、ほとんどのゲストハウスはレンタルバイク店と繋がっておりまして、ゲストハウス経由でバイクをレンタルすることができます。「ドリームタイゲストハウス」もスタッフに頼めば、レンタルバイク店からバイクを持ってきてくれますよ。

f:id:Htoshiya:20180913144649j:plain

こちらがそのときにレンタルしたバイクになります。ゲストハウスでレンタルしたバイクにはガソリンがほぼ入っていないという説明を受けますので、まずは最寄りのガソリンスタンドかバイク店でガソリンを補充してから乗り回しましょう。

ちなみにレンタルバイクを返すときは、日本と違ってガソリンを満タンにしなくても大丈夫でした。

まとめ:チェンマイきっての安さを誇るゲストハウスです

今回は、ぼくがチェンマイで滞在したゲストハウスの中でも、もっとも安く、ホスピタリティ溢れるゲストハウス「ドリームタイゲストハウス」をご紹介しました。

チェンマイにできるだけ安く、長期間滞在したいという人にもおすすめです。

正式名称 Dream Thai Guesthouse
ドリームタイゲストハウス
住所 248 36-37 ถนน มณีนพรัตน์ ตำบล ศรีภูมิ อำเภอ เมืองเชียงใหม่ เชียงใหม่ 50200
電話番号 +66 93 305 0918
予約方法 Agoda、Booking.com
部屋数 5室

未分類カテゴリの最新記事